代表プロフィール

山崎 泰広(やまざきやすひろ)

yamazaki-4
1960年
昭和35年、東京に生まれる。77年より米国の高校に留学
1979年
2月、転落事故により脊髄損傷、下半身麻痺・車いす使用者となる
1985年
ボストンカレッジ経営学部卒業。帰国後食品会社に勤務
1990年
独立。(株)アクセスインターナショナル設立。現在、同社、CEOを務める
1992年
バルセロナ・パラリンピック水泳日本代表。3種目に出場。100m平泳ぎで6位入賞
1993年
東京都教育委員会・東京都体育施設運営審議会(93.8~2000.3)
1994年
東京都教育委員会・武蔵野の森総合スポーツ施設建築計画策定審議委員として、現:味の素スタジアムのバリアフリー化に関わる
1995年
日本初の身障者のためスポーツ情報誌「アクティブジャパン」創刊。初代編集長(~97年)
1997年
横浜市パラリンピック開催概要計画策定部会委員
1998年
日本アムウェイ本社建設のユニバーサルデザイン化を担当(~99年)
1999年
日本身体障害者社会人協会設立 会長就任(働く障害者の団体)
2000年
スキューバダイビングで車椅子使用者としては日本初となるダイブマスターに認定される
岩手県盛岡市 盛岡駅周辺地区道路交通環境改善基本計画策定懇話会 委員(~01年)
静岡県ユニバーサルデザイン専門委員として小笠山総合運動公園スタジアム・エコパのバリアフリー化を担当(~02年)
東京都スポーツ振興審議会 委員(2000.4~2014.3)(1993年~2014年まで21年間に渡って東京都のスポーツ関連委員を務めた。)
2003年
東京都地域スポーツの振興検討分科会 委員(~07年)
2005年
(財)2007年ユニバーサル技能五輪国際大会日本組織委員会ユニバーサル監修専門プロデューサー (静岡県開催) (~08年)
佐賀県ユニバーサルデザイン化推進委員会 特別委員(2005.7~2006.3)

2006年
佐賀県で日本初の身障者用駐車スペース利用制度「パーキングパーミット」を企画・提案し制度がスタート。2016年2月現在全国34県2市に広がっている。
佐賀ユニバーサルデザイン推進会議 アドバイザー(2006.5~)

2007年

内閣府・社会還元加速プロジェクト「高齢者・有病者・障害者への先進的な在宅医療・介護の実現」 タスクフォース・メンバー(~13年)

2013年
順天堂大学 医学部 整形外科学講座 非常勤講師に就任(車椅子、シーティング専攻)
シーティングで自立支援と介護軽減を実現する議員連盟」設立に協力。アドバイザー。
佐賀県在宅生活サポートセンター建築企画委員会委員(~現在)
東京・WACCA池袋・商業施設設計のユニバーサルデザインを対応(2014年完成) (~14年)
2015年
日本バリアフリー観光推進機構の顧問に就任
2020年パラリンピック東京大会成功ワーキングチーム・エクスパートチーム・メンバー
5月20日、内閣府で開催されたユニバーサル社会を創造する次官勉強会で「東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて真のユニバーサルな大会を実現するために」講演
唐津城天守閣展示改修実施設計業務委託プロポーザル選定定員会 委員(~現在)
2016年
一般財団法人 日本車椅子シーティング財団設立に協力。理事 (国際担当) (~現在)
内閣官房 ユニバーサルデザイン2020関係府省連絡会議街づくり分科会 構成員(~現在)
============================================================

著作

運命じゃないシーティングでわる  障害児の運命

藤原書店刊 2008年

unmei

愛と友情のン 車いすから起こす新しい風

藤原書店刊 2008年

IUB2008

PAGE TOP